堅い職業の代表である公務員の場合、

高収入を目指して転職したい方へ

MENU

堅い職業の代表である公務員の場合、

堅い職業の代表である公務員の場合、債務整理をしたらぜったい職場にばれると考えがちですが、ある特殊な状況でなければ、知られることはありません。
債務整理でも自己破産以外では、本人から話を持ち出さない限り、職場に知られることはまずないでしょう。ただ忘れてはならないことは、公務員共済などでローンを借りていて債務が残っている場合には、知られてしまう可能性が高いでしょう。

 

まだローンが残っているマイホームや車などがあるときに、借り手が自己破産という事態になれば、その時点で返済しているローン契約は解除となり、売った代金を返済に充てるために、家や車は手放さなければなりません。
自己破産以外の債務整理では基本的にそうしたローン契約はなくなりませんし、今まで通り支払う必要があります。

 

 

 

そのかわり、売却して返済に充当することはないので、おそらく自己破産から来る誤った認識が広まっているのでしょう。

 

いざ申請や手続きに入った際には、なるべく速やかにけりをつけたいという希望は債務整理を視野に入れている人なら皆抱くのではないでしょうか。
ですが、負債について免除あるいは減額のような措置が許可されるのには相応に時間がかかります。

 

 

 

債務整理をするのに用いる方法や、司法書士や弁護士などエキスパートに手続きしてもらうのか、それとも自分で全手続きを網羅するのかなどの要素に応じてどのくらい日数がかかるかは違います。債務がどんどん膨らみ、とてもじゃないが支払えないという場面で行われるのが債務整理です。

 

 

大方のところでいうと、債務者が利息の減免や支払い計画の立て直しを希望するため債権者に対話を願い出る事を指します。
けれども、相手方はプロで慣れているので、対して債務者が素人知識のみで談判するのは一筋縄ではいきません。

 

 

 

仲立ちを弁護士など専門家に依頼するのがスタンダードです。

 

 

信用情報機関に登録されている顧客の事故情報、通称ブラックリストの中からどれくらい経てば債務整理の情報が消えるかというと、債務整理でとった方法によって差があります。任意整理、個人再生、特定調整のうちいずれかの方法の場合は大体完済から5年前後と見られます。

 

でも、自己破産をした人は裁判所の免責を受けてから7年くらいというのが目安です。
とは言え、単なる目安の数字なので、自ら信用情報機関に登録されている情報を確認してみるのが最も確かでしょう。裁判所の判断が必要な自己破産や個人再生では、債権者全員を対象として行いますが、任意整理の場合は事情が異なり、債権ひとつずつに分けて手続きをすることになります。

 

 

 

ですから1件だけ対象とすることもあれば、何件も対象とすることがあります。大概、減額の量が大きそうな借入先から順に手続きしていきます。

 

 

残債がそんなにない貸主まで対象に含めると、手続きしてくれた司法書士や弁護士に払わなければならない費用が高くなり、減額の効果が薄れてしまいます。

 

任意で借金を整理すると連帯保証人に負担がかかるという事実をわかっているでしょうか。自分自身で支払う必要がないという事は連帯保証人が肩代わりして支払うという事になるのが現状です。だから、それをきっちり頭に入れて任意整理をしなければならないだと感じますね。少し前、債務整理のうち自己破産という方法を選択し、無事に処理を終えました。

 

 

 

毎日思っていた返すことができない、さらに延滞したらどうなるんだろうという心配から解放されて、心が本当に軽くなりました。

 

 

 

これなら、もっと前から債務を見直しておけばよかったです。

堅い職業の代表である公務員の場合、関連ページ

面接時の見た目に関してはしっかりと注意をしま
高収入を目指して転職したい方にオススメの方法
人材紹介の会社を利用して転職がスムーズに行った人も少
高収入を目指して転職したい方にオススメの方法