書く際や面接時

高収入を目指して転職したい方へ

MENU

書く際や面接時記事一覧

労働時間が長いという理由で辞職した場合は「生産性をきちんと考えた仕事をしたい」、仕事にやりがいを感じなくて辞めたときは「新しい環境でさらなる成長を目指したい」と変えると印象が悪いものになりません。ネガティブな転職理由も言い方を変更することで、ポジティブなものになるのです。履歴書に記載するときには、150文字から200文字程度が望ましいでしょう。転職活動は在職中から行動を始め、転職先が決まってから辞...

転職の際に必要とされる資格というのは、専門職の他はそれほど多くないようですが、取得資格が有利に働くということでは、なんといっても、国家資格が強いようです。なかでも、建築・土木系の中には建築士のように「業務独占資格」と呼ばれるその資格がない状態では実務をすることができないという職業が多いので、狙ってみてはいかがでしょうか。面接を受ける際は、身だしなみにはよく注意しましょう。きちんとした感じの洋服で面...

転職活動を始める時にまず記入する履歴書では、職歴を簡潔に、かつ分かりやすく書きましょう。これまでの業務内容を把握できれば、今必要としている役職で活躍できるか、担当者も書類選考を行いやすくなります。さらに、顔写真は意外と重視されるもので、写真についてアドバイスをくれるスタジオなどで、撮ってもらうのが良いかと思います。万が一、書き間違いをしてしまった場合は、新しい履歴書に記入し直しましょう。面接をする...

労働時間が長いという理由で辞職した場合は「生産性を重視する仕事をやりたい」、仕事にやりがいを感じず辞めた場合は「新たな環境でさらに成長したい」と置き換えたら印象がよいです。ネガティブな転職の理由も言い方次第でポジティブな印象になります。履歴書に書くのには、150文字から200文字程度がよいです。どうして転職したいのかということは書類選考や面接において重要視されます。整合性のある説明ができなければ評...

転職したい理由は書類選考や面接においてとても大切です。相手に理解してもらう理由がないと評価されません。でも、転職したい理由を質問されても上手く答えられないという方も多いでしょう。大半の人が履歴書に記入する際や面接で答える際に、この転職理由で悩むこととなります。一般的に、転職先を決めるために大切なのは、たくさんの求人情報の中で自分の希望に適したポストや職場を探し出すことです。そうするためには、様々な...